大腸がんを治すための早期発見~ガンガン元気になろう~

術後や高齢者の対策

看護師

高齢になってくるとがんの治療を見送る場合もあります。もし大腸がんにかかってしまった場合、手術が可能かどうか確かめましょう。また、手術後に気をつけるべきことも把握しておくべきです。

詳細を確認する...

検査で早期発見

看護師

胃がんの中でもスキルス性のものは進行も早いので早期発見が難しいです。このため、早期発見のためには年に一度は内視鏡検査やPET検査をすることが推奨されているのです。

詳細を確認する...

早期発見で治るがん

医者

怖い病気として多くの人が認知しているがんですが、その中でも死亡率が高いのが大腸がんです。しかし、早期発見することができれば、大腸がんは治すことができます。大腸がんには、結腸がんと直腸がんがあり、発生する場所によって呼び方は異なります。日本で大腸がんが増加しているのは、動物性脂肪の過剰摂取や免疫機能の不具合などがあります。大腸がんを早期発見するためには、症状に気づくことが大切です。自覚症状は、便通異常、便が細い、腹痛などがあります。しかし、このような症状で大腸がんを疑う人は少なく、気づいた時にはある程度進行しているケースが多いです。特に30代からは死亡原因として増加し始めるので、30代~40代になったら、定期的に検診をした方が良いです。

大腸がんの治療は主に4つです。内視鏡的治療、手術療法、化学療法、放射線療法です。治療の中心となるのは手術療法です。がんを取り除くために、手術を行います。がんの切除が難しい場合は、化学療法を行います。抗がん剤を注射したり、内服薬を服用したりします。初期状態の大腸がんの場合は、内視鏡的治療を行います。内視鏡で操作器具を挿入して、がんを切除します。がんと言えば、治らない怖い病気というイメージがありますが、大腸がんの場合は、早期発見で完治することができるので、定期的な検査を心がけた方が良いです。日頃から適度な運動をすることで、大腸がんを予防することもできます。適度に運動している活動が活発な人に比べて、全く運動しない人は2倍も大腸がんになりやすくなります。また、屋内の運動よりも、屋外の運動の方が予防としては効果的です。適度に日に当たることによって、ビタミンDを体内で合成することができます。

早期発見のために検査

医者

乳がんは早期発見で治りやすい病気ですが、発見が遅いと命の危険もあります。なるべく早く見つけるためにも定期的に検査をすることが大切です。最新の超音波検査として、エラストグラフィなどがあります。

詳細を確認する...